プロフィール

自己紹介です。

 

昭和41年、東京の目黒に床屋さんの3代目として生まれました。
1代目は広島にいたじいさんです。
じいさんは95年に亡くなりましたが・・・
高校を卒業してから、右も左もわからずにこの業界に放り込まれました。
そもそも理美容師になるなんて考えたことが無かったですから。。。汗

かなり「不純」な動機ですね。笑
まぁ、なんとなく「家業を継ぐんだろうな~」という意識はありましたが。

「いきなりこの業界には行ったなんて苦労しただろうな」と大半の人は思うと思います。
でも、ボクは違いました。
毎日が楽しすぎました。笑
親から離れての修業(死語ですかね?)でしたから、24時間好きなことが出来るのが楽しかったです。
「○○のパーマ液用意して」と先輩に言われたら、容器の裏を片っ端から見て探しました。
パーマ液なんてどんな入れ物に入っているかさえ知りませんでしたから・・・
で、普通ならアプリケーターに入れて準備するはずなのに、ボクはパーマ液の入った入れ物ごと1つチョコンと持って先輩のもとへ。

先輩の呆れ顔は今でも忘れません。
ロッドの用意もペーパーも何もしていないで、容器に入ったままのパーマ液をもって自信満々に経っているバカがいるんですから当たり前です。

だって、業界のことを知らないでお店に入りましたから、とにかく何にも知らなかったんです。
パーマをかけるのにロッドとペーパーとゴムがいるなんてことは初めて知りました。笑
そんな毎日でしたから、新鮮でした。
発見の日々でしたから。笑&汗

そりゃあ先輩からも怒られましたよ。
っていうより毎日朝から晩まで怒られ続けてました。
1回じゃ覚えられないですからね~、当たり前です。

でも、そんな毎日が「苦痛」ではないんです。
楽しくて楽しくて仕方なかったですね。
同期の仲間は「きついな~、辞めたいよ」と毎日愚痴っていましたが、ボクには「?」でしかないくらい楽しい日々でした。
(ここまでの話で、かなり変わった奴だということは理解できたかと思います)笑

で、その会社に9年間いました。
最後の3年間は店長も任せてもらい、好き放題のことをしていましたが。
会社を辞めてニューヨークへ旅立ちました。
いきなりではないです。
「どうしてもニューヨークに行きたい」と何年間も言い続けて、通信教育で英語の勉強したりして・・・

僕が渡米した19994年はアメリカがちょうど不況の時で、1ドルが80円くらいでした。
なので働かせてもらおうと飛び込む美容室からは確実に言われていました。
「就労ビザを持っているのか?」と。
「持ってないのでスポンサーになって申請したい」というと「今は景気が悪いから外国人であるお前を雇う正当な理由が無いからダメだ」と何十回断られましたかね?
で、1年たたずに帰国。

そのまま親のお店に入りました。
その間、結婚したり、子どもが生まれたり・・・
いろいろあって、そのお店を立ち退かなければならなくなりました。
で、お店移転とともに名前も業態も変えて再出発しました。

が、2年もたつと「片手間」でやっていた材料の卸とか「商材の輸出」とかが忙しくなり、どうにもならなくなりました。
うちの奥さんはバリバリの床屋さんとして育ってきましたので、ずいぶんと話し合いました。
「引退するかどうか」でです。
結局27年間現場に立ち続けましたが、そのまま現場から離れました。
ずっと通ってきてくれていたお客さんには申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが・・・

だいたいこんな生い立ちです。
で、今に至っています。
「いつ免許取ったんだ?」ですよね?
理容師の通信教育の卒業が高校卒業より早かったんです。笑
ん?ですよね。
高校時代にもう通わされてました、強制的に。
「何の仕事してもいいけど、免許だけはとっておけ」と言われて。

スクーリングは寝てました、ずっと。笑
レポートは写してました、人の。笑
だから何も知らずにこの業界に入るという暴挙を犯してしまったんです。
で、そのまま美容の通信課程へ。
こちらも同じ。大汗

なんやかんやで両方の免許も管理資格も持っていますが。
国家試験、教科書を1回読んだだけです。
なので8日間しか勉強してません。笑
1回読めば記憶できる変わった奴なので、理容師免許はそれくらいしか勉強せずに受かりました。

もっとひどいのは美容師免許。
違うのは「理論」だけなので、勉強は1日(正確には一晩)だけです。
1回だけ美容理論の教科書を読んだだけです。笑
そのかわり、実地は苦労しました。
何せスクーリングは寝てましたから、カールの意味もウェーブも何もわからず・・・大汗
でも、なんとか合格。

もう、現場を離れて5年経ちました。
今では完全に材料屋さんです。
ディーラー育ちとかそういうのではないんです。
皆さんと同じように、毎日切ったり巻いたり塗ったりをしていた人間です。
それが突然の方向転換ですから大変です。
まぁ自分が選んだ道ですけどね。。。

という人間が立ち上げたのか「ポンポンパーク」です。
材料費の削減で、業界に恩返しをしたいという目的で。

酷いディーラーさんなんか、サロン価よりも高い価格で商材売ってますからね。
「怒り」しかわきません。
特に地方へ行くと多くなります、そういうところ。
だから作りました、このサイトを。

そんなわけで、つまらない話を書きましたが、いろいろなことを発信していきますので

よろしくお願いいたしますm(__)m

最近の記事

  1. ブログ

    ニトリルグローブ 緊急販売のお知らせ(販売終了)
  2. ブログ

    【 止血 】
  3. ブログ

    3GFsaの威力 (写真)
  4. ブログ

    売り上げをあげるコツ②
  5. ブログ

    だれこいつ?
PAGE TOP